読書時間

『基督信徒のなぐさめ』(1939)

内村鑑三『基督信徒のなぐさめ』 岩波文庫、1939年、2013年第40刷 若松英輔氏が『内村鑑三をよむ』(岩波ブックレット、2012年)で以下のように書いていた。 「だが、文語体で書かれていることも、その大きな要因なのだろう。全集を別にすれ...
読書時間

『藤原氏千年』(1996)

朧谷壽『藤原氏千年』講談社現代新書、1996年、2012年第21刷 藤原鎌足より山科言継までを描くが中心は藤原道長である。 「本書では、貴族の世紀と言える平安時代をはさむ、その前史と後史を象徴的に把握しながら、貴族社会を代表する大家族を形成...
読書時間

『角川日本地名大辞典 京都府』(1982)

『角川日本地名大辞典 26-1 京都府 上巻 総説・地名編』角川書店、1982年 『角川日本地名大辞典 26-2 京都府 下巻 地誌編・資料編』角川書店、1982年 『角川日本地名大辞典』第26巻上下巻(京都府)が届いてしまった。今は簡単な...
断片記憶

謹賀新年2015

明けましておめでとうございます。 今年も本とともに暮らします。
読書時間

『平安京散策』(1991)

角田文衞『平安京散策』(京都新聞出版センター、1991年、2009年再版)に「他方、平安京の文献学的研究も大いに進捗した。中でも忘れ難いのは、紫式部の邸宅や紫野の斎院の位置を明らかにし、また『源氏物語』の若紫帖に見える「北山のなにがし寺」の...
書籍目録

2014年12月図書購入

2014年12月図書購入 【思想】 内村鑑三『後世への最大遺物・デンマルク国の話』岩波文庫、1946年、2013年改版第3刷 内村鑑三、鈴木範久訳『代表的日本人』岩波文庫、1995年、2014年第39刷 内村鑑三、鈴木俊郎訳『余は如何にして...
書籍目録

2014年12月購入古書

2014年12月購入古書 【思想】 猪木正道、勝田吉太郎編『世界の名著42プルードン/バクーニン/クロポトキン』中央公論社、1967年 家永三郎、清水茂、大久保正、小高敏郎、石浜純太郎、尾藤正英校注『日本古典文学大系 97 近世思想家文集』...
書籍目録

暮れの京都

暮れの京都の店が閉まっているなかで、古本屋を覗いて歩いた。三条河原町のキクオ書店へ寄って目に付いた本を買う。眼鏡が合わないので欲しい本を探せない。2冊買ってホテルで読む。 坂村健『新版電脳都市』岩波書店、1987年 魚澄惣五郎『京都史話』西...
読書時間

『源氏物語の色ーーいろなきものの世界へ』(2014)

色について伊原昭(いはら あき)ほどの人を他に知らない。彼女が志村ふくみと通じるものがあると書いていることは重要なことだ。 「出版に際し、永年の友とあえていわせていただくことをお許し願いたい、志村ふくみ氏〔重要無形文化財保持者〕の溢れる織物...
断片記憶

色彩の形而上学

2014年12月27日の若松英輔氏の連続講座「叡知の台座 井筒俊彦と近代日本」の第6回は「色彩の形而上学 志村ふくみと井筒俊彦」だった。東京堂書店の6階の東京堂ホールは満席だった。志村ふくみ氏の糸を一箱見せてもらえた。肉眼で見る色は素晴らし...